冬期講習の準備中です!

こんにちは!

宇宙塾新瑞橋校 教室長の下野です。

 

早いもので今年も残り1か月を切り、だいぶ冷え込む季節になりました。

ここからは体調を崩さないように頑張っていかないとですね。

 

宇宙塾の冬期講習では、「2学期の総復習」が主な目的となっています。

今年は夏休みが短縮されたこともあり、2学期の学習範囲が例年より多くなっています。

普段の授業でも、ちょっと戻って復習すると

「あれ?これどうやるんだったっけ?」ということは多いです。

 

人間、忘れてしまう部分が出てくるのは仕方ないことです。

忘れて覚えてを繰り返して定着させていきましょう。

 

学期中は、学校の授業・宿題、塾の授業・宿題とさらに復習も…となると大変です。

なので、夏休みや冬休みなどの季節講習を使ってやっていくことになります。

 

せっかく覚えたことを忘れてしまってそのままほったらかし…というのはもったいないですよね。

この冬の過ごし方が、来年以降の学力に大きく関わってきます。

冬休み一切遊ばずに勉強ばかりしろ!とは言いませんが、バランスよくやれるといいですね。

 

もちろん受験生は例外です!冬休みは追い込みの時期です。

不安やプレッシャーもありますが、今こそがんばって乗り越えていきましょう。

ここからも伸びます!苦手克服の最後のチャンスです。

困ったことや心配ごとがあれば、いつでも相談にきてくださいね。

タグ


大学指定校推薦

先日、ある高校3年の男子生徒から嬉しい報告がありました。

 

淑徳大学の福祉貢献学部、社会福祉専攻の指定校推薦がもらえたようです。

 

この生徒は小学生の時から宇宙塾に通っていたので、

 

もう大学生になるのかと感慨深いものがあります。

 

 

今や私立大学の入学者の半分以上は推薦・AO入試の合格者です。

 

そして指定校推薦には評定平均が非常に大切です。

 

評定平均とは高校1年の1学期~高校3年の1学期までの通知表の平均値のことです。

 

この生徒は高校受験合格後も宇宙塾に通い、しっかりと評定平均を意識して、

 

テスト対策授業を受講していました。

 

高校1年の時からきちんと大学受験を見据えて勉強を続けていたのです。

 

 

大学受験は高3になってから、では遅すぎます。

 

高校入学直後から大学受験を意識することは難しいですが、

 

皆さんも高校入学後に油断せずに勉強を続けられると良いですね。

タグ


学校イベントあれこれ

こんにちは!

宇宙塾新瑞橋校 教室長の下野です。

 

今年はコロナの影響で夏休みが短くなったり、

運動会や合唱コンクールなど学校の各種イベントが無くなったりと

色んな意味で特別な一年になっています。

 

稲武や中津川も中止になりましたが、そんな中、小6や中3の修学旅行は行われるようです。

やっぱり最高学年の一大イベントですもんね!

宿泊日数を減らしたり、行き先を変更したりで対応しています。

 

あんまり行きたくないなぁみたいなことをブチブチ言ってた子も、

どうだった?と後から聞くと、楽しかった!と顔を輝かせていました。

いい思い出になったようでなによりです。

 

萩山中は体育大会が11月に行われますが、観覧できるのは中3の保護者のみになっているそう。

昨年より萩山の生徒も増えたし、楽しみにしてたのに残念…。

 

この分だと他の小中学校のイベントも一般の参加は難しそうです。

仕方ないことではありますが、来年は行けるといいなあ。

 

タグ


中3入試特訓!

こんにちは。

宇宙塾新瑞橋校 教室長の下野です。

 

宇宙塾では9月から、「中3入試特訓」を実施します。

 

中3のみなさんはこの夏、夏期講習で1,2年の復習をしっかりやってきました。

そこで得た知識を使って、9月からはより入試に近い形式の問題を解いていきます。

通常授業では年内は学校の進度に合わせて進めていくので、入試の過去問に取り掛かるのは冬期講習あたりからです。

なので、早い段階から入試レベルの問題に触れていくことができる特別講座となります。

日程等の詳細はパンフレットを配っていますので、確認してくださいね。

 

結果に至るまでの過程が大事

中3に入試特訓の説明を一人ひとりしましたが、中には

「うぇ~日曜までやるの~!?」と嘆く子もいます。

 

やります!

大変なのはわかっています。

でも今年はキツくてもやらなければいけないんです。

 

高校入試には「合格」というわかりやすい目標がありますが、

それまでにどれだけがんばれるか、というのも非常に重要になります。

 

受験勉強をがんばらずに、行ける所になんとなく合格する…

これはかなり良くないパターンです。

「限界まで努力した」という経験がないので、いずれどこかで挫折する可能性が高いです。

 

逆に、第一志望の高校に万が一合格できなかったとしても、

俺はがんばった!と言えるのならそれは絶対に無駄にはなりません。

 

高校に進学してからも人生はまだまだ続きます。

今がんばることができれば、この先大学入試や就職、仕事で苦しい時に、

「あの時やれたんだから、今回も自分はやれる!」という自信につながります。

 

もっとがんばっとけばよかった…なんて後悔することのないよう、

ここから半年は本当の意味で「本気」になってみませんか?

先生たちも全力でそれに応えます!

タグ


生徒への注意!

こんにちは。

宇宙塾新瑞橋校 教室長の下野です。

 

叱ることが好きだという人はまずいないでしょう。

生徒に強く注意をした日は、家に帰っても頭の中に生徒の顔が浮かんできて、

モヤモヤとやりきれない気分になることもあります。

 

言い過ぎたかもしれないと心の中で思いながら、

「いつか、分かってくれればいいのだ!」と気分を切り替えます。

 

注意をする時には、感情的にならないように心がけつつ、生徒の将来を思って注意をします。

この生徒の成長を願えばこそ…と思いながら。

 

宇宙塾では、勉強だけではなく、

提出物の管理や授業中の態度、ノートの取り方まで指導しています。

塾で出来れば学校でも出来るようになり、それが内申点に結び付くのです。

 

タグ


このページの先頭へ

このページの先頭へ

がんばる子供を増やしたい!成績アップ率90%以上を誇る名古屋南区の進学塾 宇宙塾