今の中学2年生から、公立高校入試が変わります!

こんにちは!

宇宙塾新瑞橋校 教室長の下野です。

 

再来年から公立高校入試が変わる…という話がありましたが、

教育委員会から決定の告知がありました!

 

①筆記試験が1回になる!

愛知県の公立入試はA日程とB日程でそれぞれ試験を受けていました。

2校に出願できるという部分はそのままですが、

試験はまとめて1回になります。

 

受験生の負担が減るメリットはありますが、

チャンスが1回になるという考え方もできます。

しっかり計画を立て体調管理をして、ベストの状態で試験に臨みたいですね。

 

②推薦が早い時期に!

公立は推薦も一般も同日程で試験でしたが、

推薦の結果が出てから一般受験の出願ができるようになるみたいです。

 

③一般選抜の面接の有無が高校ごとに変わる!

実際どのくらいの高校が面接なしになるのかはわかりませんが、

これも受験生の負担がだいぶ減りますね。

 


詳細はこちらにpdfファイルがあります。

 

この新公立入試は、2023年度入試、

つまり今の中学2年生からが対象になります!

 

2020年から始まった教育改革。

自分がどんな形式で高校受験、大学受験をすることになるのか

確認しておくといいですね。

 

タグ


2021年5月17日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:教育情報

今年から教科書変わる!…って、どう変わるの?

こんにちは!

宇宙塾新瑞橋校 教室長の下野です。

 

今は春期講習の真っ最中。生徒たちはみんなしっかりがんばっています。

日中はだいぶ暖かくなり、桜も綺麗ですね。

 

さて、中学生のみなさんは、今年から教科書変わるよ!

…と学校でも塾でも聞いているかと思います。

 

でも、「じゃあどこがどう変わるのよ?」というのが本音じゃないでしょうか。

中でも大きく変わるのは英語です。

 

覚える英単語が倍増!

今までは中学3年生までに約1200語の英単語を学んでいましたが、

これからは小学・中学あわせて最大2500語を学びます。

小学校で600~700語を学ぶことになっていて、それを前提として新中1の授業が始まります。

 

では、その範囲は小学校で身に付いているのか?

昨年から、小5~小6の生徒たちに学校でどんな英語授業をやっているのか聞いています。

 

「学校の英語ってどんなことやってる?」

「英語で自己紹介したり、スピーチしたり…」

「そうなんだ、単語を覚えたり書いたりはしてる?」

「やってな~い」

 

クラスや学校により違いはあるでしょうが、これが現状です。

「聞く、話す」がメインになっていて、「読む、書く」まで手が回ってなさそうですね。

 

高校の学習範囲が中学校に降りてくる!

これは英語だけでなく数学や理科も共通ですが、

今までは高校でやっていた内容を中学生で学ぶことになります。

その分何かが減るかというとそんなこともなく、3年間の学習の密度が上がると思ってください。

 

具体的には以下の項目を前倒しでやることになります。

【英語】現在完了進行形、原形不定詞、仮定法

【数学】反例、四分位数、箱ひげ図

【理科】プリズムの分光、イオン化傾向、ダニエル電池

 

高校入試も難しくなる?

やることが難しくなれば、当然入試問題もそれに応じたものになります。

しかも今年はコロナによる休校の影響で例年より簡単になっていたので、

その反動で難化することが予想されます。

 

今年はさらに気合入れて指導しないとマズそうですね…。

学校でわからないことがあればすぐに塾で聞いて、「わからない」を無くしていこう!

 

タグ


2021年3月30日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:教育情報

4年後、大学入試共通テストに「情報」が新設される!

こんにちは!

宇宙塾新瑞橋校 教室長の下野です。

 

大学入試センターから、2025年(令和7年)からの共通テストの再編案が出ました。

詳細はこちら

 

理科や社会などの科目が再編されるのもありますが、

最大の目玉は「情報」の新設です。

 

高校では2022年から情報Ⅰが必修となり、プログラミング等を学ぶので

いずれ追加されるという話はありましたが、ほぼ確定になったと言えそうです。

 

サンプル問題も以下で見られます。

https://www.dnc.ac.jp/kyotsu/shiken_jouhou/r7ikou.html

 

ちなみに、現在の中学2年生(4月から中3)のみなさんが

このテストを最初に受ける世代になります。

どんなテストが出るのかな~と眺めてみるのもいいですね!

 

タグ


2021年3月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:教育情報

公立高校入試のA日程が行われました!

こんにちは!

宇宙塾新瑞橋校 教室長の下野です。

 

本日は公立高校入試のAグループ試験日でした。

早速数学を解きましたが、やはりコロナの影響で基礎的な内容重視になってますね。

最後の2問以外は比較的解きやすかったんじゃないかと思います。

 

理科と公民はB日程の対策がしやすい!

上記の科目は、A日程で出なかった単元を勉強しよう!

 

理科は人体、遺伝、地震、地層、天体、力学的エネルギー、イオンあたりを。

公民は人権、国会・内閣・裁判所、選挙あたりをこの土日にやっておきましょう。

 

塾生のみんなはパターン集で苦手な範囲をもう一周するといいですね。

あと一息、最後まであきらめずにがんばろう!

タグ


2021年3月5日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:教育情報

高校合格がゴールではない!

こんにちは!

宇宙塾新瑞橋校 教室長の下野です。

 

タイトルはよくあるフレーズではありますが、生徒たちにも伝えている内容です。

 

いま中3の塾生たちは、通常授業に入試特訓など、休む暇もなく頑張っています。

毎年のことですが、高校が決まり、勉強を完全にやらなくなってしまう…という生徒が出てきます。

安心してほっと一息つきたくなる気持ちはわかります。

かくいう私も、高校合格後に勉強していた覚えはありません(笑)

 

ただ、やっぱり高校に向けて学習を継続してほしいんですね。

もちろん受験前の今と同じ量やれなんて言いません。

ペースを落としてもいいので、勉強のリズムを維持できると高校入学後も安心です。

 

大学受験は高1の1学期から始まっている!

今の大学入試は、昔と比べると推薦入学のシェアがかなり増えています。

特に私立大学は定員が厳格化され、一般入試で入るのはかなり厳しいものになっています。

推薦をもらって大学に行く、というのが一番楽なパターンです。

 

その時に最も重要なのが、高校在学中の通知表(評定)の平均値です。

その評定平均は、高1の1学期から高3の1学期の平均が使われます。

つまり、大学入試を有利に進めるためには高3から頑張っても遅いんですね。

 

宇宙塾を卒業した生徒が、高校の勉強に苦労して戻ってくる…というのも毎年あるパターンです。

高1の最初のテストからつまづかないよう、しっかり勉強を続けるようにしましょう!

タグ


2020年12月4日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:教育情報

このページの先頭へ

このページの先頭へ

がんばる子供を増やしたい!成績アップ率90%以上を誇る名古屋南区の進学塾 宇宙塾