計算ミスはしょうがない!

…とか思ってませんか?

こんにちは。

宇宙塾新瑞橋校の下野です。

 

今回は計算ミスを含む、うっかりミス、凡ミス、ケアレスミスなど呼ばれるものについてです。

 

授業でも、間違えた所を聞いてみると

わかってたけど間違えちゃった、というケースは数多くあります。

そして、同じミスを繰り返す生徒も少なくないです。

 

ただ受験では、その1点2点の差が合否を分けます。

人間なのでミスをするのは仕方ない!と開き直るのは簡単ですが、

それを意識して減らす必要があります。

 

うっかりミスは罪深い!

学校で勉強して、塾で勉強して、しっかり理解しているのに間違えてしまった人と、

何もわからず空欄にしてる人。

「得点に結び付かなかった」という意味で、結果としては同じになってしまいます。

身に付ける時間、解く時間を余分に使っている分、損しているとも言えます。

どれだけ勉強しても、しょうもないミスをしてはもったいないですよね。

 

まずはやっぱり演習量

ひたすら繰り返し解くことで問題に慣れ、自然とミスは減っていきます。

特に計算は演習量がモノを言います。

 

中2の時に入塾してきたAさん。

最初に教えた連立方程式では計算ミス符号ミスだらけでボロボロでしたが、

2年間がんばることで計算はほぼ完璧になり高校に合格しました。

あの頃ひどかったよね~と本人と笑い話になってます(笑)

 

自分にどんなミスが多いのか

ミスと一口に言っても、計算ミスなのか、符号のミスなのか、約分忘れなのか、

問題文を読んでないのか、字数を数えていないのか、漢字の書き間違いなのか…

間違い方の傾向は人それぞれです。

「凡ミスだからしょうがない」ではなく、

「同じミスをしないためにどうすればいいのか」を考えてみてください。

 

計算は途中式を書く。方程式は解を問題に代入して確かめる。

数学が得意な人ほど途中式をしっかり書きます。

ミスの怖さを分かっていて、それを克服してきた証拠ですね。

 

問題文の注意すべき点に印を付ける。

2つ選べ、全て選べ、正しくないものを選べなど、問題文の見落としは厳禁!

印を付けて、後からチェックしやすくしておこう。

 

見直しの習慣をつける。

テストで見直しをするのは当然ですが、普段から見直しする癖を付けよう。

全て見直すのは大変なので、自分のミスしやすいところから始めよう。

 

私も実は計算は得意ではなく、よくミスしていました。

式を1行書くごとに計算しなおして確かめる…ということをやってましたね。

 

難問を攻略するより、ミスを減らす方が手軽に点を伸ばせます。

ミスゼロを意識して勉強に取り組み、ワンランク上の結果を目指そう!

タグ


効率的に勉強をしよう!その2

こんにちは!

宇宙塾新瑞橋校 教室長の下野です。

 

先日、テスト勉強についての記事を書きましたが、

今日はその中身の部分です。

 

なぜ成績が上がらないのか

原因としては、大きく2つに分けられます。

① そもそも勉強の習慣がない

② 勉強のやり方がわからない、間違っている

 

塾に通っている子なら、基本的に①はないかと思います。

家で勉強できないなら塾でやりましょう。

 

問題は②の場合です。

がんばってるはずなのに伸びない、というやつですね。

まずは普段の宿題のやり方から変えていきましょう。

 

ただこなすだけの宿題じゃ意味がない

宿題を解いて丸付け、間違ったところは答えを書いて終わり!

…と、これでは不十分です。

できなかったところを理解して、次はできるようにしなければなりません。

 

宿題の取り組み方としてオススメを書いておきます。


ステップ1:まずは自力で解く。

ステップ2:1pごとに丸付けをして解答を記入する。

ステップ3:間違えた問題にチェックする。

ステップ4:間違えた問題はその場で必ず解き直す。

ステップ5:それでも分からない問題は解説を見たり、教科書などで調べたりする。または覚える時間を取る。

ステップ6:一定期間をあけ、再度解けるか確認する。


 

みなさんはどこまでできていますか?

ステップ4から先は大変な作業ですが、とても重要な部分です。

これができている生徒は、自然と成績が上がっていきます。

 

テスト前の勉強も流れは同じです。

意識して勉強の仕方を変えていこう!

タグ


2020年12月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:勉強法

テスト後の勉強の取り組み方!

こんにちは!

宇宙塾新瑞橋校 教室長の下野です。

 

早いもので今年も残り3か月を切りました。

中学生は中間テストが終わり、ホッと一息といったところでしょう。

 

テスト答案の回収

宇宙塾では定期テストの問題と答案は全部コピーさせてもらっています。

どんな所が出来ていて、どんな問題が苦手なのか。

点数だけではわからない部分をしっかり分析して、次につなげるためです。

 

知識不足なのか、漢字やスペルミスなのか、問題の読み間違いなのか、そもそも空欄なのか…

同じバツでも、内容によってどう対策するか変わってきます。

 

一休みしたら11月下旬に期末テストがあります。

今回の試験の反省・やり直しは必ずやっておこう!

テスト答案は最良の教材です!

タグ


2020年10月9日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:勉強法 成績上昇

もういくつ寝ると中間テスト

こんにちは!

宇宙塾新瑞橋校 教室長の下野です。

 

宇宙塾の休校期間も明け、いよいよテストが近づいてきましたね。

テスト範囲も続々発表され、テスト対策や理社マラソンの準備など急ピッチで進めています。

2学期最初のテスト、絶対に成功させるためにがんばっていきましょう!

 

学校の課題は早めに終わらせる!

頑張りが成績に結び付かない要因の1つとして、

学校のワークに追われてやりたい所のテスト勉強ができなかった…というものがあります。

 

宇宙塾ではテスト1週間前を目安に終わらせるよう生徒たちに伝えています。

どれくらい済んでいるかのチェックをまたしますので、みんな進めておいてね!

 

とはいえ、範囲が出てから取り掛かるだとキツイので、日ごろからコツコツ進めておくことが大事ですね。

 

自習室をうまく利用しよう

せっかく塾に入っているので、どんどん自習しに来よう!

なんといくら使っても無料!質問もし放題!

テスト前なので、自習する子も普段より増えてきています。

 

昨年入塾し、勉強ギライだったKさん、今日は授業後に自習をしていました。

帰り際に、偉い!テストがんばろうね と声をかけたら、

「もうちょっとやっていこうかな…」と戻っていくKさん。

「お、おう、がんばれ」と私。

意外な言葉にびっくりしてしまいました。

 

気付かぬうちに、子どもたちは成長しています。

これからも色んな生徒の成長を見届けることができると思うと、ワクワクしますね。

がんばっているみんなが結果が出せるよう、私たちも全力でがんばります!

タグ


2020年9月25日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:勉強法 日常報告

視覚派 or 聴覚派 or 体感派?

こんにちは!

宇宙塾新瑞橋校 教室長の下野です。

 

“五感”というものがあります。

視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚の5つの感覚を指しますが、聞いたことのある生徒も多いのではないでしょうか。

このうち触覚・嗅覚・味覚は身体に起こる感覚としてまとめて体感として、

視覚と聴覚、そして体感の大きく3種類に分けられます。

 

人は、この3つのうちのどれかの傾向を持っていると言われています。

同じ出来事でも、影響を受けやすい感覚は人それぞれなんですね。

 

海水浴を例にすると、

青い空や白い雲がきれいだ(視覚)という人がいれば、

波の音が心地いい(聴覚)という人もいます。

暖かい日差しや潮の香り、砂の感触が好き(体感)という人もいるでしょう。

 

これを勉強に当てはめて考えてみると…

 

視覚派の人は、授業のシーンや実験の場面を映像として記憶しています。

文字よりもイラストや図解があると覚えやすいわけです。

聴覚派の人は、教科書を読みこんだり、音声で聞いて覚えます。

言語に対する志向が強いので、読書家も多いです。

体感派の人は、自分の手で書き写すなど、体を動かしながらの勉強が合っています。

 

授業をしていても、目についたものを全部表現しようとする生徒や、

ぼーっとしてるようでちゃんと耳で聞いてる生徒など、さまざまです。

この子にはどう教えるのがいいかな~ なんて考えながら試行錯誤しています。

 

みなさんはどのタイプですか?

自分に合った勉強法を見つけてみましょう!

タグ


2020年6月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:勉強法

このページの先頭へ

このページの先頭へ

がんばる子供を増やしたい!成績アップ率90%以上を誇る名古屋南区の進学塾 宇宙塾