計算ミスはしょうがない!

…とか思ってませんか?

こんにちは。

宇宙塾新瑞橋校の下野です。

 

今回は計算ミスを含む、うっかりミス、凡ミス、ケアレスミスなど呼ばれるものについてです。

 

授業でも、間違えた所を聞いてみると

わかってたけど間違えちゃった、というケースは数多くあります。

そして、同じミスを繰り返す生徒も少なくないです。

 

ただ受験では、その1点2点の差が合否を分けます。

人間なのでミスをするのは仕方ない!と開き直るのは簡単ですが、

それを意識して減らす必要があります。

 

うっかりミスは罪深い!

学校で勉強して、塾で勉強して、しっかり理解しているのに間違えてしまった人と、

何もわからず空欄にしてる人。

「得点に結び付かなかった」という意味で、結果としては同じになってしまいます。

身に付ける時間、解く時間を余分に使っている分、損しているとも言えます。

どれだけ勉強しても、しょうもないミスをしてはもったいないですよね。

 

まずはやっぱり演習量

ひたすら繰り返し解くことで問題に慣れ、自然とミスは減っていきます。

特に計算は演習量がモノを言います。

 

中2の時に入塾してきたAさん。

最初に教えた連立方程式では計算ミス符号ミスだらけでボロボロでしたが、

2年間がんばることで計算はほぼ完璧になり高校に合格しました。

あの頃ひどかったよね~と本人と笑い話になってます(笑)

 

自分にどんなミスが多いのか

ミスと一口に言っても、計算ミスなのか、符号のミスなのか、約分忘れなのか、

問題文を読んでないのか、字数を数えていないのか、漢字の書き間違いなのか…

間違い方の傾向は人それぞれです。

「凡ミスだからしょうがない」ではなく、

「同じミスをしないためにどうすればいいのか」を考えてみてください。

 

計算は途中式を書く。方程式は解を問題に代入して確かめる。

数学が得意な人ほど途中式をしっかり書きます。

ミスの怖さを分かっていて、それを克服してきた証拠ですね。

 

問題文の注意すべき点に印を付ける。

2つ選べ、全て選べ、正しくないものを選べなど、問題文の見落としは厳禁!

印を付けて、後からチェックしやすくしておこう。

 

見直しの習慣をつける。

テストで見直しをするのは当然ですが、普段から見直しする癖を付けよう。

全て見直すのは大変なので、自分のミスしやすいところから始めよう。

 

私も実は計算は得意ではなく、よくミスしていました。

式を1行書くごとに計算しなおして確かめる…ということをやってましたね。

 

難問を攻略するより、ミスを減らす方が手軽に点を伸ばせます。

ミスゼロを意識して勉強に取り組み、ワンランク上の結果を目指そう!

タグ


効率的に勉強をしよう!

こんにちは!

宇宙塾新瑞橋校 教室長の下野です。

 

期末テストも終わり、現学年では学年末テストを残すのみとなりました。

中3のみなさんは冬休みが終わったらすぐテストです。

3学期になってから焦るのではなく、冬休みのうちにしっかり準備しておきましょう。

 

さて、宇宙塾では中学校のテスト前になると、学校の提出物チェックを行っています。

テストの数日前にチェックし、終わってない生徒は居残りや呼び出しをしていますが、

たまに「自分で計画立ててちゃんと提出日までに間に合わせるからいいじゃん」という生徒もいます。

学校の課題は、テスト日までに終わらせればいいでしょという考え方からですね。

 

学校の課題はテスト勉強にならない

残念ながら、ギリギリまで課題をやってる生徒は結果が伴わないことが多いです。

課題の中には簡単すぎたり、もしくは難しすぎたりでやらなくてもいい問題も含まれています。

全く意味がないとは言いませんが、勉強としては効率悪いですよね。

 

テスト前は、自分の学力に合わせて勉強する必要があります。

「ここまではできるから、あと10点伸ばすためにこの問題をできるようにしよう」

みたいなことですね。

そして、何をやるべきかはそれこそ生徒一人ひとり違います。

 

できる所を何度も繰り返しやる必要はありません。

手に負えないような難問を解けるようになる必要もありません。

生徒やクラスごとにそこを判断する、というのが塾の使命ではないでしょうか。

 

しっかりテスト勉強できるように、

学校の課題はテストの1週間前までには終わらせておきましょう!

タグ


2020年12月14日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:成績上昇

テスト後の勉強の取り組み方!

こんにちは!

宇宙塾新瑞橋校 教室長の下野です。

 

早いもので今年も残り3か月を切りました。

中学生は中間テストが終わり、ホッと一息といったところでしょう。

 

テスト答案の回収

宇宙塾では定期テストの問題と答案は全部コピーさせてもらっています。

どんな所が出来ていて、どんな問題が苦手なのか。

点数だけではわからない部分をしっかり分析して、次につなげるためです。

 

知識不足なのか、漢字やスペルミスなのか、問題の読み間違いなのか、そもそも空欄なのか…

同じバツでも、内容によってどう対策するか変わってきます。

 

一休みしたら11月下旬に期末テストがあります。

今回の試験の反省・やり直しは必ずやっておこう!

テスト答案は最良の教材です!

タグ


2020年10月9日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:勉強法 成績上昇

9月16日(水)~22日(火) 宇宙塾は秋休みです!

こんにちは。

宇宙塾新瑞橋校 教室長の下野です。

 

生徒のみなさんには授業でお伝えしていますが、

年間授業回数の調整のため、今週の水曜から一週間お休みをいただきます。

ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

休みが過ぎればテスト前

休みが明ける頃には多くの学校でテスト前になってきます。

高校で早いところは9月下旬から、中学校は10月の第2週からテストです。

 

10月3日には中学生お待ちかねの理社マラソンもあります。

待ってないし!という塾生たちの声が聞こえてきそうですが、

他の塾に通っている生徒もたくさん参加する人気のイベントです。

前回の様子はこちらの記事で

 

特に中3のみなさんは、2学期の内申が私立受験に影響してきます。

学校の課題を早めに終わらせ、テストに向けてしっかり準備しよう!

タグ


通知表を分析しよう!

こんにちは。

宇宙塾新瑞橋校 教室長の下野です。

 

各学校で8月31日に1学期が終わり、9月から2学期が始まりました。

中学校や高校では1学期の通知表が配付されていると思います。

 

いつもテストや個表をなかなか持って来ない中3のS君。

9月最初の授業日に、通知表をちゃんと持ってきました。

見てみると、内申が8も上がっています!

 

「すごいじゃん!がんばったなぁ」と褒めると、

「はい!よかったです」とニコニコ。

その後の授業も普段より一層やる気を出して取り組んでいました。

 

やっぱり成績が上がると他の人に見せたくなりますよね。

この調子で2学期も上げていきたいですね!

 

通知表の数字以外も見てみよう

中学生は5段階の数字そのものよりも、各教科の項目を見てほしいです。

左側のABCで評価されている部分ですね。

このアルファベットの割合で内申が付いています。

自分がどこが苦手なのか、チェックしてみてください。

 

特に大事なのが、全教科で一番上の段にある「関心・意欲・態度」。

ここがCの人は、学校の授業の受け方を改善していかないといけません。

宿題をほとんど出していないとか、授業中に寝ていたりしゃべっていたりするとCになりやすいです。

逆に言うと、宿題を出してちゃんと授業を受けていればBにできるところです。

 

Aにするためには、授業中に発言したり、グループ活動で積極的に動いたりと

意欲的な部分を見せていく必要があります。

授業中に手を挙げるのはちょっと…という人は、授業外で先生に質問しに行くとかでもいいですね。

 

少し前にこのブログでも内申点の大切さについて書きました。(→その記事はこちら)

これらはテスト以外で内申を上げられるところなので、

受験のためと思ってぜひ意識してみてください。

タグ


2020年9月4日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:成績上昇

このページの先頭へ

このページの先頭へ

がんばる子供を増やしたい!成績アップ率90%以上を誇る名古屋南区の進学塾 宇宙塾