視覚派 or 聴覚派 or 体感派?

こんにちは!

宇宙塾新瑞橋校 教室長の下野です。

 

“五感”というものがあります。

視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚の5つの感覚を指しますが、聞いたことのある生徒も多いのではないでしょうか。

このうち触覚・嗅覚・味覚は身体に起こる感覚としてまとめて体感として、

視覚と聴覚、そして体感の大きく3種類に分けられます。

 

人は、この3つのうちのどれかの傾向を持っていると言われています。

同じ出来事でも、影響を受けやすい感覚は人それぞれなんですね。

 

海水浴を例にすると、

青い空や白い雲がきれいだ(視覚)という人がいれば、

波の音が心地いい(聴覚)という人もいます。

暖かい日差しや潮の香り、砂の感触が好き(体感)という人もいるでしょう。

 

これを勉強に当てはめて考えてみると…

 

視覚派の人は、授業のシーンや実験の場面を映像として記憶しています。

文字よりもイラストや図解があると覚えやすいわけです。

聴覚派の人は、教科書を読みこんだり、音声で聞いて覚えます。

言語に対する志向が強いので、読書家も多いです。

体感派の人は、自分の手で書き写すなど、体を動かしながらの勉強が合っています。

 

授業をしていても、目についたものを全部表現しようとする生徒や、

ぼーっとしてるようでちゃんと耳で聞いてる生徒など、さまざまです。

この子にはどう教えるのがいいかな~ なんて考えながら試行錯誤しています。

 

みなさんはどのタイプですか?

自分に合った勉強法を見つけてみましょう!

このエントリーを含むはてなブックマーク

このページの先頭へ

このページの先頭へ

がんばる子供を増やしたい!成績アップ率90%以上を誇る名古屋南区の進学塾 宇宙塾