期末テスト問題分析 ~社会編~

こんにちは。

宇宙塾新瑞橋校 教室長の下野です。

 

中学3年生の社会のテストでは、時事問題が5問程度出題されます。

(萩山中は全学年!)

 

1学期はどの学校も新型コロナウイルス関連の問題が入っていました。

その他熊本県の水害に関するものや、祝日に関するものが出ています。

一部紹介すると…

 


・「世界保健機関」をアルファベット3文字で答えなさい(津賀田中)

・WHOとは何の略か。漢字6文字で答えよ(萩山中)

 

・緊急事態宣言が最後に解除されたのは東京都、埼玉県、千葉県ともう一つの県はどこか(萩山中)

・新型コロナウイルスの感染者が一人も出ていない都道府県名とその県庁所在地を答えなさい(津賀田中)

 

・7月4日、球磨川の氾濫により大きな災害に見舞われた県名を答えよ(桜田中)

・熊本県の球磨川が氾濫しましたが、熊本県にある世界最大級のカルデラを持つ山は何か(津賀田中)

 

・5月3日は祝日でしたが、何の祝日だったか答えなさい(津賀田中)

・今年の7月24日は何の日か(萩山中)


 

こう見ると、ある程度傾向が似通っていますね。

 

また、他校が5~6問程度だったのに対し、津賀田中は10問出題されていました。

ただ内容は時事そのものより、それに関連した地理歴史の知識を問うものが多かったです。

時事を導入にして1,2年の復習問題を出したような感じですかね。

 

時事問題で出そうなところをまとめて、テスト直前に生徒に配付しているのですが、

いくつかはそこに載せたものが的中していました!

直前に目を通すだけで1,2点稼げればラッキーなので、ぜひ活用してくださいね。

このエントリーを含むはてなブックマーク

このページの先頭へ

このページの先頭へ

がんばる子供を増やしたい!成績アップ率90%以上を誇る名古屋南区の進学塾 宇宙塾