計算ミスはしょうがない!

…とか思ってませんか?

こんにちは。

宇宙塾新瑞橋校の下野です。

 

今回は計算ミスを含む、うっかりミス、凡ミス、ケアレスミスなど呼ばれるものについてです。

 

授業でも、間違えた所を聞いてみると

わかってたけど間違えちゃった、というケースは数多くあります。

そして、同じミスを繰り返す生徒も少なくないです。

 

ただ受験では、その1点2点の差が合否を分けます。

人間なのでミスをするのは仕方ない!と開き直るのは簡単ですが、

それを意識して減らす必要があります。

 

うっかりミスは罪深い!

学校で勉強して、塾で勉強して、しっかり理解しているのに間違えてしまった人と、

何もわからず空欄にしてる人。

「得点に結び付かなかった」という意味で、結果としては同じになってしまいます。

身に付ける時間、解く時間を余分に使っている分、損しているとも言えます。

どれだけ勉強しても、しょうもないミスをしてはもったいないですよね。

 

まずはやっぱり演習量

ひたすら繰り返し解くことで問題に慣れ、自然とミスは減っていきます。

特に計算は演習量がモノを言います。

 

中2の時に入塾してきたAさん。

最初に教えた連立方程式では計算ミス符号ミスだらけでボロボロでしたが、

2年間がんばることで計算はほぼ完璧になり高校に合格しました。

あの頃ひどかったよね~と本人と笑い話になってます(笑)

 

自分にどんなミスが多いのか

ミスと一口に言っても、計算ミスなのか、符号のミスなのか、約分忘れなのか、

問題文を読んでないのか、字数を数えていないのか、漢字の書き間違いなのか…

間違い方の傾向は人それぞれです。

「凡ミスだからしょうがない」ではなく、

「同じミスをしないためにどうすればいいのか」を考えてみてください。

 

計算は途中式を書く。方程式は解を問題に代入して確かめる。

数学が得意な人ほど途中式をしっかり書きます。

ミスの怖さを分かっていて、それを克服してきた証拠ですね。

 

問題文の注意すべき点に印を付ける。

2つ選べ、全て選べ、正しくないものを選べなど、問題文の見落としは厳禁!

印を付けて、後からチェックしやすくしておこう。

 

見直しの習慣をつける。

テストで見直しをするのは当然ですが、普段から見直しする癖を付けよう。

全て見直すのは大変なので、自分のミスしやすいところから始めよう。

 

私も実は計算は得意ではなく、よくミスしていました。

式を1行書くごとに計算しなおして確かめる…ということをやってましたね。

 

難問を攻略するより、ミスを減らす方が手軽に点を伸ばせます。

ミスゼロを意識して勉強に取り組み、ワンランク上の結果を目指そう!

このエントリーを含むはてなブックマーク

このページの先頭へ

このページの先頭へ

がんばる子供を増やしたい!成績アップ率90%以上を誇る名古屋南区の進学塾 宇宙塾