計算力向上大作戦第3章「計算しない。工夫する。(6)」

計算ミスの理由で「約分のし忘れ」は有力どころの一つです。

約分で気をつけなければならないこととして7の倍数があげられます。

84=7×12、91=7×13あたりは約分できないと思いがちです。

特に91は素数同士のかけ算なので注意が必要です。

あと、3の倍数でも3桁の数字になると3で割れることを忘れがちです。

大きい数字の時こそ素因数分解や、桁の数字を合計して3の倍数か確認する作業を忘れてはいけません。

 

もっとも分数の計算の場合、かけ算をする前の段階でいかにきちんと約分するかが重要です。

計算ミスの多い生徒の傾向に約分した数字を小さくしか書かないということがあげられます。

かけ算してから約分するのではなく、約分してからかけ算する。

こちらのほうがミスはしないし、なにより楽です。

006507

 

このエントリーを含むはてなブックマーク

このページの先頭へ

このページの先頭へ

がんばる子供を増やしたい!成績アップ率90%以上を誇る名古屋南区の進学塾 宇宙塾