学校説明会に参加してきました~中部大学春日丘中学校・高等学校編~

10月10日(水)に、中部大学春日丘中学校・高等学校の説明会に参加してきました。

説明会では、教育内容やコースの話を中心に、来年度入試の概要説明がありました。

 

教育内容やコースについては昨年のブログに詳しく書かれていますのでそちらをご覧ください。

 

春日丘高等学校は文部科学省より、平成27年度からスーパーグローバルハイスクール(SG

H)に指定されました。SGH構想とは将来、国際的に活躍できるグローバル・リーダーの

育成を図ることを目的としています。

 

大学併設校の為、高大連携を最大限生かしているということを説明会で感じました。

高校在学中に大学の10単位を修得できたりもするようです。

 

気になる大学入試結果ですが、平成30年度大学入学試験では京都大学1名、大阪大学3名、

名古屋大学6名など、国公立大学合格者数は101名です。

 

私立大学では早稲田大学2名など難関校の合格者もおりますが、

やはり特徴的なのは中部大学の合格者数でしょう。

中部大学への進学が原則約束される、高大連携入学試験制度により、

253名の合格者がいます。卒業生の30%が中部大学に進学するようです。

 

 

 

今後の説明会等の予定は以下の通りです。

 

○中部大学春日丘中学校○

10月20日(土)授業見学会

11月17日(土)学校説明会in名古屋

12月1日(土)第3回学校説明会

これらは事前申込不要です。

 

○中部大学春日丘高等学校○

10月27日(土)9:00~12:00に学校説明会があります。

入試問題の傾向と対策を話していただけるようです。

これには中学校を通しての事前申込が必要です。

 

 

興味のある方はぜひ参加してみてください。

 

 

中部大学春日丘中学校・高等学校のHPはこちら 中学 高校

 

 

タグ


学校説明会に参加してきました~愛知中学・高等学校編~

10月2日(火)に愛知中学・高等学校の説明会に参加してきました。

説明会では、各コースの特徴、進学実績の話を中心に、

来年度からの変更点についての説明がありました。

 

まず初めに、来年度入試からの変更点が2点あります。

 

1点目はネットでの出願が導入されたことです。

 

2点目は一般入試の試験日が来年度は2月5日になることです。

 

今年度までは2日目でしたが、来春の入試から初日に移動します。

 

併願する際は注意をしてください。

 

 

愛知高等学校の特徴として挙げられるのは、高い進路実績でしょう。

 

今年度入試では、東京大学1名、京都大学1名、

 

名古屋大学11名の合格者を出しています。

 

国公立大学現役合格者数は、7年連続100名を上回っております。

 

 

その他の特色については、昨年のブログ記事を読んでいただけるとよく分かると思います。

 

今後の学校見学会等の予定は以下の通りです。

10月28日(日)

11月3日(土)

11月11日(日)

興味がある方はぜひ参加してみてください。

 

愛知中学校のHPはこちら。愛知高校のHPはこちら

タグ


学校説明会に参加してきました~名城大学附属高等学校編~

10月16日(月)に名城大学附属高等学校の説明会に参加をしてきました。

説明会では、それぞれの科、クラスの特徴についての話を中心に、

来年度入試の概要説明がありました。

 

名城高校には大きく分けて「普通科」と「総合学科」の2つの科があります。

 

普通科では、生徒一人ひとりの将来のビジョンを実現するため、

進路希望に応じた4つのクラスを用意しています。

「特別進学クラス」「スーパーサイエンスクラス」

「一般進学クラス」「国際クラス」です。

 

 

総合学科は、多彩な教科科目の中から自分の興味・関心のある科目を選択し、

体験的・課題解決的な学習を通じ知識や技能を身につけていきます。

1年次は共通履修ですが、2年次以降は「数理系列」「社会探究系列」

「地域交流系列」「ビジネス系列」の4つの系列に分かれます。

 

 

名城高校には、名城大学はもちろんですが、

中部地区を中心に約150校の指定校推薦枠があります。

 

また全国大会や国際大会で活躍する部活動が多くあるのも特徴です。

 

 

2017公開見学会は以下の通りです。

 

10月28日(土)9:30~12:00

 

11月11日(土)9:30~12:00

 

興味がある方はぜひ参加してみてください。

 

名城大学附属高等学校のHPはこちらhttp://www.meijo-h.ed.jp/

タグ


学校説明会に参加してきました~中部大学春日丘中学校・高等学校編~

10月11日(水)に、中部大学春日丘中学校・高等学校の説明会に参加してきました。

 

 

説明会では、教育内容やコースの話を中心に、来年度入試の概要説明がありました。

春日丘高校には、啓明コース、特進コース、進学コース、国際コースの4つのコースがあり、啓明コースは中高一貫となっています。

啓明コースでは2020年の大学入試改革に向けたカリキュラムの変更があり、思考力・判断力・表現力を身につけるための教育が行われています。

国際コースでは、1年生時に約7週間のオーストラリア語学研修を行い、実践的な英語を身につけることができます。

 

春日丘は中部大学に併設されていて、大学への入学料が全額免除になるなどの優遇措置が受けられる高大一貫推薦制度があります。中高生であっても大学の設備を使うことができるというメリットも特徴の一つです。

また、文科省からスーパーグローバルハイスクール指定校に認定されており、援助金を利用しての海外研修等、積極的にグローバル教育に取り組んでいます。

 

今後の説明会等の予定は以下の通りです。

10月21日(土) 授業見学会

11月18日(土) 学校説明会in名古屋

12月9日(土) 第3回学校説明会

 

中部大学春日丘中学校・高等学校のHPはこちら 中学 高校

昨年の記事はこちら

 

タグ


学校説明会に参加してきました~名古屋高等学校編~

9月28(木)に名古屋高等学校の説明会に参加してきました。

説明会では、教育内容や進路の話を中心に、来年度入試の概要説明がありました。

説明会の内容は以下の通りです。

 

まず、名古屋高等学校は創立130年の伝統ある学校です。

場所は地下鉄名城線砂田橋駅から徒歩0分と非常に通いやすいです。

 

名古屋高等学校は男子校で敬遠される方もみえますが、

「手本となる先輩と出会える機会が多い。」

「共に過ごした、乗り越えた一体感により強い絆が生まれる。」

「活動施設を女子と分け合う必要がない。」など利点があり、

男子だけの良さを生かした部活動や学校行事で学校生活を存分に楽しめ、

卒業したあとのつながりも強いです。

 

大学合格状況は近年めざましく上昇しています。

2017年大学入試結果ですが、東京大3名、京都大4名など、国公立大合格者162名、

早稲田、慶応など13難関私大合格者は393名もいます。

関東、関西の大学にも目を向けているからか、

難関私大合格者が多いという特徴があります。

同志社大、関西学院大、立命館大の指定校推薦枠があり、

関西難関3私大と特別協定を結んでいるのは名古屋高等高校だけです。

 

実際説明会に参加して、名古屋高等学校は教員研修に力を入れている、

また生徒のために図書館を365日毎日開けるなど、

非常に勉強に向かう環境が整っていると感じました。

 

力を入れているのは勉強だけではありません。

全国大会出場クラブとして、陸上、硬式テニス、水泳、ラグビーなどがあります。

文化系でも文化部が俳句甲子園全国大会常連だそうです。

 

学校説明会

10月28日(土)13:00~

11月25日(土)10:00~

興味がある方はぜひ参加してみてください。

 

名古屋高等学校のHPはこちらhttps://www.meigaku.ac.jp/

昨年の名古屋中学の記事はこちらhttp://cosmo-jyuku.com/blog/?paged=5

タグ


このページの先頭へ

このページの先頭へ

がんばる子供を増やしたい!成績アップ率90%以上を誇る名古屋南区の進学塾 宇宙塾