学校説明会に参加してきました~愛知工業大学名電高等学校・愛知工業大学付属中学校編~

9月15日(木)に愛知工業大学名電高等学校・愛知工業大学付属中学校の説明会に参加してきまし

た。

 

説明会では、平成29年度の入試と教育内容についての説明がありました。

 

説明会の内容は以下の通りです。

 

名電高校と言いますと、部活が盛んで、工業・理系のイメージが強いと思います。また男子校ではな

いかと思われる方もいるかも知れません。しかし普通科は文型が3クラスありますし、普通科では女

子が約4割と年々女子生徒も増えています。

 

全国レベルの部活が沢山ある一方、勉強にも大変力を入れています。例えば、平成28年度には国公

立大学合格者を60名出しています。

 

また、科学技術科や情報科学科では大学の先生や一流企業の講師による授業も組み込まれているの

で、科学技術の最先端に早くから触れることができます。

 

全国でも有数の実就職率を誇る愛知工業大学への入学が非常にスムーズですし、非常に恵まれた教育

環境が整えられています。

 

11月5日(土)、11月6日(日)には学校見学会があります。また、12月4日(日)には入試

説明会も行われます。興味のある方はぜひ参加してみて下さい。

 

dsc_0006

タグ


宇宙塾保護者説明会のお知らせ

2月21日(土)・22日(日)に、小学生(集団クラス)、中学生(集団クラス)、個別指導クラスの

 

保護者説明会を宇宙塾3号館(第一田口ビル6F)で実施致します。

 

ご通塾頂いているご家庭を対象とした説明会になりますが、お申し込みを頂ければ

 

どなたでもご参加頂けます。

 

各説明会の日時は下のようになります。(学年は新しい学年になります)

 

【小学生(集団クラス)】21日(土)10:00~11:30

  ○塾の方針 ○時間割・受講料金 ○科目担当者から勉強法の説明

 

【個別指導クラス】21日(土)13:00~14:30

  ○塾の方針 ○時間割・受講料金 ○勉強法の説明など

 

【中学生(集団クラス)3年生】22日(日)10:00~11:30

  ○塾の方針 ○時間割・受講料金 ○科目担当者から勉強法の説明

  ○公立入試について ○入試に向けての取り組み

 

【中学生(集団クラス1・2年)】22日(日)13:00~14:30

  ○塾の方針 ○時間割受講料金 ○科目担当者から勉強法の説明

  ○中学校の定期テストについて

  ○公立入試について  ○中学校生活について

 

お申込は、052-821-1730まで。

 

当日お会いできることを職員一同楽しみにしております。

ブログ

 

 

タグ


滝高校・愛知高校受験者5名全員合格!!

私立終わり結果も出そろってきました。

 

私立の難関・上位校でも続々と合格の知らせが届いています!

 

滝高校・愛知高校では受験者全員が合格をすることができました。

 

本当におめでとう!

 

学校の内容をしっかりと取り組むことを教えることに基本をおいている、宇宙塾のシステムでも、難関・上位校に合格することはできます!

 

また、難関・上位対策も実施しています。

 

これから1か月気持ちを切り替えて、しっかりと公立入試に向けた対策をしていこう!

 

泣いても笑っても残り1か月。悔いのない取り組みを!!

ブログ0131

タグ


計算力向上大作戦第3章「計算しない。工夫する。(5)」

さて、少し話を変えたいと思います。一つ問題です。

問 12と18の最大公約数と最大公倍数を答えなさい。

この問題。一瞬で答えられますか?中学生の計算力を高めるコツの一つが約数、倍数の暗記です。12と18の場合は最小公倍数が36、最大公約数が6です。
なぜ、これを暗記で覚えるべきなのかというと分数の計算を早く確実にするためです。約分、通分のスピードが違ってきます。

そして、約数・倍数の計算で特に重要な数字があります。それは12です。12を素因数分解が2×2×3です。約数は1,2,3,4,6,12。倍数は12,24,36,48,60…。中学生の数学に出てくる分数の大半はこの12の約数、倍数を駆使すれば解くことができます。
36と48は12×3と12×4と考えることができれば、最大公約数は一瞬で12とわかります。最小公倍数は12×3×4と12×4×3で144です。
こんな風に工夫することができるのです。

096520

タグ


2014年12月9日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:勉強法 成績上昇

計算力向上大作戦第3章「計算しない。工夫する。(1)」

 これまで、このシリーズでは「計算ができれば数学はできる」「ミスはしてはならないもの」
「見直しをあてにするな」といったことを書いてきました。

 今回からは、実戦的に計算力を向上させる方法を取り上げます。やっとかよ、と思うかも
しれませんが、これまでの前提で「ミスをしない」という心構えをもってもらわないと計算ミスは
なくならないと考えたから、そう言った部分を含めてお話ししてきました。

 単刀直入に言います。計算ミスをなくすには、できるだけ「計算をしない」につきます。
いちいち、計算をするからミスをするのです。答えを暗記してしまえば、
計算をいちいち暗記する必要がなくなります。
つまり、ミスをしないということです。

3dddd55bdbdfc2c843392c49b49795e5_s

タグ


2014年11月25日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:勉強法 成績上昇

このページの先頭へ

このページの先頭へ

がんばる子供を増やしたい!成績アップ率90%以上を誇る名古屋南区の進学塾 宇宙塾